1. トップ
  2. 研究受託
  3. バイオテクノロジー利用技術
  4. 組織培養技術による植物の種苗生産や品種改良に関する研究
バイオテクノロジー利用技術

組織培養技術による植物の種苗生産や品種改良に関する研究

絶滅が危惧される希少な山野草類や地域特産の野菜類を中心に、組織培養技術を利用した大量増殖、種苗生産や品種改良に関する研究に取組んでいます。

希少山野草類や地域特産野菜のバイオ苗増殖に関する研究

  1. 組織培養を利用した四国の絶滅危惧種(カンラン、ミセバヤなど)の大量増殖技術の開発
    • 希少山野草類や地域特産野菜のバイオ苗増殖に関する研究
    • 希少山野草類や地域特産野菜のバイオ苗増殖に関する研究
    • 希少山野草類や地域特産野菜のバイオ苗増殖に関する研究
    • 希少山野草類や地域特産野菜のバイオ苗増殖に関する研究

植物の品種改良に関する研究

  1. 組織培養を利用したイチゴの四季成り性品種(スマイルルビー)や耐病性品種(スマイルハート)の開発(平成10年7月 品種登録済)
    • 希少山野草類や地域特産野菜のバイオ苗増殖に関する研究
    • 希少山野草類や地域特産野菜のバイオ苗増殖に関する研究
    • 希少山野草類や地域特産野菜のバイオ苗増殖に関する研究


  2. 組組織培養を利用した病気に強いショウガの開発
  3. 地域特産アブラナ科野菜の品種改良に関する研究
  4.     

組織培養を利用したマリーゴールド種子の量産化技術の確立

メンデルの遺伝法則を活用して、効率的な選抜育種と組織培養で系統維持を図るもので、本技術は他の植物にも適用することが可能です。
組織培養を利用したマリーゴールド種子の量産化技術の確立
今回確立した量産化技術は、住宅設備商社であ
る㈱小泉(東京都杉並区 代表取締役社長 長坂
剛氏)が土壌浄化用に独自に開発したマリーゴー
ルドの新品種『レメディアパール』種子に関す
るものです。

レメディアパールは、小輪の淡い黄色の花にな
るほか、従来品と比べて2倍以上の草丈があ
り、重金属であるカドミウム吸収能力が通常よ
りも1.5倍~2倍程度高いのが特徴で<す。


(参考)株式会社小泉について
ページトップへ戻る