−エネルギーとテクノロジーの未来を拓く−

四国電力グループ 株式会社四国総合研究所
HOME > トピックス > 企業情報化協会より「IT特別賞」を受賞
過去のトピックス

トピックス

企業情報化協会より「IT特別賞」を受賞

 当社は、このたび公益社団法人企業情報化協会が発表する平成27年度(第33回)IT賞において、「IT特別賞(IT推進部門賞)」を受賞しました。
 IT賞は、わが国の産業界において、ITを活用した経営革新に顕著な努力を払い、優れた成果を上げたと認めうる企業・団体に対してIT協会から授与される賞です。
 今回当社が受賞した「IT特別賞」は、活動内容において、他社には無い際立った特徴や先駆的な技術を活用し、成果をあげたものに対して授与されます。

 当社では、大規模災害への対策、新しいワークスタイルへの対応、業務の効率化を実現するには、セキュリティを確保して、いつでも、どこでも必要な情報にアクセスできるシステム環境を整備する必要がありました。しかも、内外の必要性から、機能の向上とコスト削減という異なるベクトルのもとで社内外の情報通信システムを再構築することが求められました。3年間にわたる新たな情報通信システム構築の結果、重要システムの継続稼働、重要データの遠隔地バックアップ、社外利用システムの構築などにより、大規模災害と新しいワークスタイルに対応できる事業継続計画を整備し、機能向上の実現とともに、情報通信システム関連費用の大幅削減を実現しました。
 これらの取組みに対し、「情報システムの再構築が一つのイネーブラー(促進要因)として組織のIT活用能力を高めた好事例」として高く評価され今回の受賞に至りました。

 なお、2016年2月4日(木)・5日(金)に開催されました同協会主催の「第31回IT戦略総合大会(ITMC2016)」にて、表彰式典ならびに受賞記念講演が行われました。

【ご参考】IT協会ウェブサイト
 http://www.jiit.or.jp/information/detail/info3716.html