農業製品

みどりきくぞうトピックス

植物病害抵抗性誘導光源「みどりきくぞう®」の多様な効果に関心のある各地の大学、研究機関等や生産者の皆様が緑色LEDを使って実施した研究成果等、みどりきくぞうに関する話題をご紹介します。

  • 新商品のご紹介:㈱四電工様「緑色LED栽培トマト GREEN BIRTH(グリーンバース)」

    ㈱四電工様のトマト栽培施設四電工アグリファームでは、3年間の実証試験の結果、「みどりきくぞう」がトマトの生体防御反応を高め、収穫量や品質の向上に有効であることを確認。「みどりきくぞう」を使用して栽培した赤色ミディトマトを、新商品「GREEN BIRTH(グリーンバース)」として2020年度より販売を開始しました。味や品質、パッケージデザインが評価され、大手百貨店の年末ギフト用商品にもご採用いただいたそうです。
    商品のお求めは、㈱四電工様CADホームページにて。

  • 「第15回エレクトロヒートシンポジウム」に出展

     当社は「技術展示」に出展し、植物の病害抵抗性を高める緑色LED光源「みどりきくぞう®」や、ICT技術を活用した栽培環境モニタリングシステム「HaPPi Minder®」について紹介した動画を出展しました。(ここをクリック)

  • 西日本豪雨からの復興支援  お客様:愛媛県 ㈲フローラル クマガイ 様

    2018年8月の西日本豪雨で甚大な被害を受けた花農家㈲フローラル クマガイ様は、2019年よりトマトとイチゴの栽培にみどりきくぞうを導入。以来、栽培技術のアドバイス等を通じご支援させていただいている、大切なお客様。 今回、同社の意外なご経歴と、当社との馴れ初めを紹介します。(ここをクリック)

  • 岐阜農業大学校(イチゴのハダニ抑制試験) 研究実施:市橋秀幸先生、学生の皆さん

    ハダニの発生程度の高いイチゴハウスにおいて緑色LEDロープライトを照射した処理区では、無照射区に比べてハダニ類の密度は低く、ハダニの天敵であるカブリダニの密度が高いことを確認できました。 本研究成果は、国際ダニ会議(平成26年7月 京都)でポスター発表されました。詳細は発表ポスターをご覧下さい。

  • ニラへの電照適用試験 試験協力:高知県、ニラ生産者の皆さん

    周年栽培されているニラは、冬季の生育低下や病害発生による収量低下の改善が望まれています。そこで、みどりきくぞうを用いたニラへの電照栽培試験を行い、ラボ試験及び生産者の圃場で冬季の増収効果やニラ白斑葉枯病などの病害抑制効果を実証しました。 本研究成果は、日本生物環境工学会で口頭発表しました(第1報:平成25年9月高松、第2報:平成26年9月東京)。

  • トマトへの電照適用試験 試験協力:京都府中村様

    トマトへの緑色LED電照栽培試験を行い、果実の発育や品質への影響を評価しました。その結果、果実の肥大が促進されるとともに、トマトの機能性成分であるリコピン含有量の向上や、トマトの美味しさにつながるアミノ酸含有量の向上を確認できました。また、照射区ではトマトサビダニの発生が抑えられている傾向も見られています。現在も継続してトマトへの照射効果を検証しています。

  • 試験協力:㈱四電工様 ヨンコーアグリファーム吉野川トマト園

    当社と同じ四国電力グループの㈱四電工様トマト植物工場で、緑色LEDトマト電照栽培試験を開始しました。 詳しくはヨンコーアグリファーム吉野川トマト園ホームページをご覧ください。