1. トップ
  2. 研究受託
  3. 環境・エネルギー技術
環境・エネルギー技術

環境・エネルギー技術

地球温暖化を緩和するためのCO2の除去技術や、太陽電池や燃料電池等の新エネルギー技術など、環境にやさしい技術の開発を進めています。

二酸化炭素の回収・固定化技術の研究

農業分野への光利用技術に関する研究

CO2を効率的に回収できる炭酸カリウム担持活性炭吸着剤を開発。

排水処理技術の開発

組織培養技術による植物の種苗生産や品種改良に関する研究

様々な排水に含まれるCOD(化学的酸素要求量)成分のオゾン等による酸化分解技術やプルシアンブルー坦持活性炭等によるセシウム吸着剤(特許出願中)について研究開発を進めています。

微量成分の計測・評価技術

DNA解析を利用した識別や鑑定技術の開発

食品衛生法や労働安全衛生法、大気汚染防止法などで規制対象とされる残留農薬やアスベストなど 様々な環境規制物質について、液体クロマトグラフ質量分析計やガスクロマトグラフ質量分析計、X線 回折装置など高度な計測器を用いて、測定できる技術を保有しています。

磁気分離技術の環境改善に関する研究

DNA解析を利用した識別や鑑定技術の開発

磁気分離とは、磁気力を利用して水や泥・空気中などに分散する微粒子を吸着・分離・浄化する技術です。

小型光学式マルチガスセンサの開発

DNA解析を利用した識別や鑑定技術の開発

センサ部に一切の電気系を含まない、完全防爆の小型光学式ガスセンサの開発に取り組んでいます。

ダム貯水池の堆砂対策の高度化研究

DNA解析を利用した識別や鑑定技術の開発

近年の異常降雨に伴う大規模出水、山腹崩壊等の頻発化に伴い、全国的にダム貯水池の堆砂進行や浸水被害などが報告されており、合理的かつ効果的な堆砂対策を講じていく必要があります。

石炭灰の用途拡大に関する研究

DNA解析を利用した識別や鑑定技術の開発

公共工事で幅広く使用されている高炉セメントを用いたコンクリートは、通常のコンクリートに比べ耐塩害性が高く、FAを混和した場合にはさらに耐塩害性が高くなり、内部鉄筋の腐食を遅らせる効果があることが分かりました。

ページトップへ戻る