1. トップ
  2. 研究受託
  3. 電力利用技術
設備運用・保全支援技術

設備運用・保全支援技術

低廉で良質な電力を安全かつ安定に供給するために、発電設備や電力輸送設備について、数値流体解析技術、 低品位炭利用技術、劣化診断技術など、保守点検や運用管理の高度化・効率化及び電力設備の安定運転に 必要な保全技術に関する研究を行っています。

火力発電設備

数値流体解析技術を用いた火力発電所の運用保守支援研究

家庭用・業務用・産業用 電化推進に関する研究

火力発電所における風道系統、排ガス処理系統、燃料供給系統、給水系統など流体を扱う系統の改善に CFD(Computational Fluid Dynamics:数値流体力学)シミュレーション技術を活用しています。

低品位炭等の燃焼特性解析による利用拡大研究

低品位炭等の燃焼特性解析による利用拡大研究

小型燃焼炉による試験、CFDシミュレーション技術によって、利用可能石炭銘柄の拡大に向けた燃焼特性解析技術の開発を進めています。また、低品位炭利用時の燃焼灰分析によるスラッギング性や未燃炭素発生量についても検討しています。

環境保全設備の性能管理技術の開発

環境保全設備の性能管理技術の開発

火力発電所の排煙処理装置など環境保全設備を低コストかつ高性能に維持管理するため、各種の性能評価試験や高度な 機器分析を行い、ユーザーサイドの目線で、より良い管理技術を提案しております。

ボイラ給水処理の高度化研究

ボイラ給水処理の高度化研究

火力発電所のボイラ給水の水質管理は、水質等に起因する様々な 障害を未然に防止する重要な技術です。水質管理技術の高度化を目指し、 腹水脱塩装置イオン交換樹脂の性能評価試験、各種材料の腐食試験評価 などを実施しています。また、CWTやAVT(0)などヒドラジンを 用いない新しい給水処理方法の適用研究などを実施しています。

化学管理の高度化研究

化学管理の高度化研究

火力・原子力発電所の化学管理の高度化を目指し、以下の研究を実施しています。

ガス微量成分測定装置の開発

ガス微量成分測定装置の開発

可搬型NH3測定装置の開発

原子力発電設備

設備の健全性評価に関する研究

設備の健全性評価に関する研究

鉄鋼材料や溶接部について、材料試験、分析・材質試験、非破壊試験などの動向を調査し、有望な要素技術を導入・改良しています。発電所の各種部材の材料特性評価、余寿命評価、損耗調査などに関する課題解決に、迅速に対応しています。

機器・配管系の耐震評価技術の研究

機器・配管系の耐震評価技術の研究

原子力発電所の耐震設計は技術規定(JEAC4601)をもとに行われますが、 計算手順が複雑な部分があるため、タンクを対象に、固有振動数、応力計算、座屈計算などを行える耐震計算ツールを開発しました。これにより、胴、脚、ボルトなどの健全性を迅速に評価することができます。

超音波利用技術に関する研究

超音波利用技術に関する研究

超音波利用技術に関する研究

電磁応用非破壊検査技術に関する研究

電磁応用非破壊検査技術に関する研究

原子炉下部から燃料集合体に挿入さ れているシンブルチューブ(中性子束 センサの通路)の健全性確認のための ECT(渦流探傷検査)システムや 画像・温度監視装置、およびシンブル チューブを燃料取替時に安全に挿入・ 引抜する装置を高機能化しています。

設備保全技術等の最適化研究

設備保全技術等の最適化研究

電動弁は原子力発電所の安全性確保に極めて重要な機器です。弁の正確な開・閉作動ができないと冷却など十分な効果が得られません。例えば、過大な力により弁棒が折損する事例や、駆動力不足により弁体が引抜けない海外事例などがあるため、弁は適正な力で開閉される必要があります。

状態監視保全技術の高度化研究

状態監視保全技術の高度化研究

ポンプ、ファン等の回転機器の振動データから、回転機器主軸のクラックを早期に検出する手法を検討して、「回転機器振動測定装置」および「振動ベクトル解析ツール」を開発し、高度化を進めています。

試験等の自主技術化・代替技術開発

試験等の自主技術化・代替技術開発

各種多チャンネル過渡データの収集・解析作業を省力化できる機能検査データ自動解析装置を実用化し、さらに高度化を図っています。

運転・保守支援技術の高度化研究

運転・保守支援技術の高度化研究

発電所構内インフラとして最も整備されているPHSを活用した映像伝送や、各種ネットワーク技術を用いた全方位画像の伝送など、様々な伝送路とカメラを組み合わせて、現場映像情報を効果的に取得する映像伝送方式を検討しています。

電力輸送・水力発電設備

送電設備の運用・保守技術

送電設備の運用・保守技術

送電設備は、風・雷・雪氷・地震・鳥獣害など、様々な自然現象の影響を直接受けることから、これらの影響度を的確に 分析・評価し、有効な対策を講じる必要があります。

変電設備の保全・余寿命診断技術

変電設備の保全・余寿命診断技術

変電設備では、雷・大地震等による被害に対して設備の早期復旧や、点検・劣化診断による機器の状態把握が課題となっています。

配電設備の運用・保守技術

配電設備の運用・保守技術

配電設備は、分散型電源の大量導入により電圧管理が難しくなっており、また高経年化設備にも適切に対応していく必要があります。このため、配電設備の運用技術や保全技術の向上に取り組んでいます。

水力土木設備の合理的な計測管理に関する研究

水力土木設備の合理的な計測管理に関する研究

ダムの安全管理は、日常の巡視・点検と漏水量や変位計測により行われています。本研究では、アーチ式、中空重力、重力式コンクリートダムの変位を、日常観測している気温、貯水位から簡易に推定し、ダムの健全性を早期に評価できるようにするものです

設備保全支援共通技術

有機ライニング防食技術の開発・実用化

有機ライニング防食技術の開発・実用化

ステンレス鋼材は耐食性に優れるなど、維持管理上の大きな利 点を有する反面、塩化物イオンの存在、応力作用など、幾つかの 悪条件が重なれば、応力腐食割れ(以下、SCCと略記)を生じや すくなります。

鉄筋コンクリート構造物の健全性評価に関する研究

鉄筋コンクリート構造物の健全性評価に関する研究および技術支援

我が国の社会資本は、戦後から高度経済成長期を通じて急速に整備され、今後一斉に補修や更新の時期を迎えると言われています。メンテナンスフリーと考えられてきた鉄筋コンクリート構造物も例外ではありません。このような背景を踏まえ、現在、塩害やアルカリ骨材反応等による劣化を受けるコンクリート構造物の健全性評価に関して、次のような研究に取り組んでおります。

高温超電導SQUIDを用いた電力設備非破壊診断技術

高温超電導SQUIDを用いた電力設備非破壊診断技術

SQUID(超電導量子干渉素子)は、地磁気の10億分の1程度の 微弱な磁気を検出できる高感度な磁気センサです。その応用として、 医療分野の脳磁計や心磁計等がよく知られており、近年、食物・薬品 の異物検査装置が実用化されています。

水素火炎・ガス可視化装置の研究開発

水素火炎・ガス可視化装置の研究開発

肉眼では見えない水素火炎や各種ガスを、レーザ技術及び画像処理技術を用いて遠隔から可視化・計測する研究開発 を行っており、30m先の水素火炎・水素ガスを画像として捉えることに成功しました。

地震発生後の建物被害推定に関する研究

地震発生後の建物被害推定に関する研究

2011年に発生した東北地方太平洋沖地震においては、東日本の広い範囲で大きな揺れが観測されました。近い将来の発生が予想される南海トラフを震源とする地震の際にも、広範囲で強い揺れの発生することが懸念されています。

地震・火山評価に関する研究

地震・火山評価に関する研究

ボーリング調査やトレンチ調査、また微小地震観測やGPSによる地殻変動観測により四国の活断層および地震のメカニズムについて評価するとともに、主に九州地域から四国地域に到達した火山灰の分布、厚さについて調査を行う等、自然災害に対する設備の信頼性評価に資する研究を進めています。

ページトップへ戻る